Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【テクニカル分析】Binary Option(バイナリーオプション)で活用するダウ理論について徹底解説してみた

Binary Option(バイナリーオプション) ダウ理論 バイナリーオプションテクニカル分析

Binary Option(バイナリーオプション)で活用するダウ理論について徹底解説してみました。

ダウ理論を理解するだけでBinary Option(バイナリーオプション)は勝率が上がる

Binary Option(バイナリーオプション) ダウ理論

ダウ理論を理解するだけでBinary Option(バイナリーオプション)は勝率が上がります。

そもそもダウ理論はトレンドに特化した理論であり理論をベースにトレードすれば

相場に対する原理原則がしっかりと身についているので必然的に勝率が上がります。

今回は、ダウ理論について徹底解説してみました。

ダウ理論とは

Binary Option(バイナリーオプション) ダウ理論

ダウ理論とはとはアメリカ西部開拓に湧いた19世紀後半に活躍した

金融ジャーナリストであるチャールズ・ダウ氏が米国においてはじめて体系的なチャート分析理論です。

またダウ理論はトレンドでの理論が多く詰まっているのでトレンドフォロー手法を実践している方は

ぜひ理論を理解したほうが良いと思います。

ダウ理論の6つの法則

ダウ理論の6つの法則についてご紹介したいと思います。

特に覚えて欲しい法則は

・為替レートのトレンドには3つの波動がある

・トレンドには3つの局面がある

・トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

だけです。

ダウ理論の法則1:市場すなわち為替レートはすべての情報を織り込む

為替レートは各国の経済や金利の状況や政府要人発言などのファンダメンタルズの影響を受けます。

また投資家の利確や損切りなどの取引をしている投資家事情にも左右されます。

為替レートというのはこうした情報やしんりにより変化しますが、

逆に考えればすべての情報は為替レートの値動きに反映されているわけなので、

『値動き』だけを見ていれば良いということです。

つまり『市場すなわち為替レートはすべての情報を織り込む』ということですね。

ダウ理論の法則2:為替レートのトレンドには3つの波動がある

為替レートというのはトレンドによって支配されています。

基本的にダウ理論ではトレンドに乗りトレードすることを重要視しています。

チャールズ・ダウはトレンドを

・1年から数年続く「長期メイントレンド」

・数週間から数ヶ月程度の「中期トレンド」

・1時間から1ヵ月程度の「短期トレンド」

の3つの局面があると考えました。

この法則で理解することは

『トレンド一方向に動くのではなく複数のトレンドが組み合わさっている』ということです。

例えば、中長期で上昇トレンドであっても短期的に見ると下降トレンドが必ず発生しています。

自分がどの時間軸(短期、中期、長期)のトレンドでトレードするのかは重要になります。

ダウ理論の法則3:トレンドには3つの局面がある

Binary Option(バイナリーオプション) ダウ理論

チャールズ・ダウは『トレンドには3つの局面がある』と考えています。

・先行期(第一段階)

・追随期(第二段階)

・利食い期(第三段階)

です。

ではそれぞれについてご紹介したいと思います。

先行期(第一段階)

先行期(第一段階)は大口投資家やヘッジファンドが買いを行い価格が緩やかに上昇してくる時期です。

この段階では普通のトレーダーがトレードを行うのは難しいです。

追随期(第二段階)

追随期(第二段階)はファンダメンタルズや多くの投資家がトレンドを確認して

価格が伸びてくる時期になります。

この段階では上一般のトレーダーも買いを入れ、上昇トレンドをとらえます。

トレンドフォロー手法を取り入れている人はこの時期にポジションを持ちます。

利食い期(第三段階)

利食い期(第三段階)はトレンドの最終段階になります。

トレンドが確認されて時間が経つので多くの投資家が参入して価格が上昇しますが、

この時期に既に先行期(第一段階)が利食いを行います。

つまりこの利食い期(第三段階)にトレンドに乗ろうとした人は大きな損失を被ることになります。

ですのでいかに追随期(第二段階)でトレンドを察知してトレンドに乗れるかが重要です。

ダウ理論の法則4:価格は相互に確認される必要がある

『価格は相互に確認されなければならない』ですが、

これは株式市場の2つの別の株価からトレンドを判断するという考え方のです。

FXに置き換えると為替と債権などの2つの違うレートからトレンドを分析したり、

複数の通貨ペアで相関関係を見るということに置き換えることができます。

相関とはドル円は下落しているのにユーロドルは上昇している傾向が強いというような

二つ以上の事物が一方が変われば他方もそれに連れて変わるなどの互いに関係を持つことです。

また、オシレーター系でもシグナルを確認できるとうのもありますね。

ダイバージェンスなどの逆行現象が起きている場合はトレンドが終了を示唆できます。

ダウ理論の法則5:トレンドは出来高でも確認されなければならない

『トレンドは出来高でも確認されなければならない』というのは、

上昇や下降トレンドであれば出来高は価格が上昇や下落するに連れて上昇するのですが、

価格が下落(上昇)するようになれば出来高が減少するという理論になります。

ただFXの場合は出来高を正確には把握することできないのでオシレーター系指標を活用する必要があります。

ダウ理論の法則6:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

Binary Option(バイナリーオプション) ダウ理論

『トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する』

ダウ理論中でも特に重要なトレンドの理論です。

ダウ理論のトレンドの定義は

上昇トレンドであれば高値と安値は共に切り上がります。

下降トレンドであれば、高値と安値は共に切り下がります。

つまり『高値と高値、安値と安値が切り上げているか、切り下げているか』

これが当てはまっている状態はトレンドは続くということです。

逆にこのルールが当てはまらなくなればトレンドは転換したということがわかります。

まとめ

ダウ理論は基本的にトレンドを理解するための法則になります。

多くのトレーダーはトレンドフォローでトレードしているのでダウ理論をベースにトレード戦略を立てています。

ダウ理論は非常に重要な法則なのでしっかりと何度も読んで理解を増やしていきましょう。

Binary Option(バイナリーオプション)初心者が最速で月5万円を達成する5Step

タイトルとURLをコピーしました