Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
1ヶ月無料お試し!!バイナリーオプションの自動売買システム利用キャンペーン実施中
スポンサーリンク

【攻略】Binary Option(バイナリーオプション)標準偏差ボラティリティを使ったトレンドフォロー手法について徹底解説してみた

Binary Option(バイナリーオプション) 標準偏差ボラティリティ バイナリーオプション攻略

今回は、Binary Option(バイナリーオプション)標準偏差ボラティリティを使った

トレンドフォロー手法について徹底解説してみました。

トレンドフォローこそ王道

Binary Option(バイナリーオプション) 標準偏差ボラティリティ

トレンドフォローこそやはり王道だと思います。もちろん中には逆張りが好きな方がいると思いますが、

トレンドに逆らわずにその流れに乗ることが私は簡単だと思います。

今回はそんなトレンドフォローの手法を一つご紹介したいと思います。

標準偏差とは

Binary Option(バイナリーオプション) 標準偏差ボラティリティ

標準偏差とは、ばらつきを測定するために使用される統計的計算です。

標準偏差は、相場のボラティリティを測ります。

ボラティリティとは、価格の変動性(変動率)のことをいいます。

この標準偏差は移動平均線を中心として価格変化の規模を表示します。

そのため、指標の値が大きくなれば、相場のボラティリティも広がり、価格は移動平均を中心として揺れます。

ボラティリティが大きい場合は相場の動きが大きいです。

ボラティリティが小さい場合は相場の動きが小さいです。

使用するインジケータ

使用するインジケータは

・ADX:期間『14』

・標準偏差(StdDev):26

・ボリンジャーバンド:期間『21』でシグマは『±1』

標準偏差ボラティリティを使ったトレンドフォロー手法

標準偏差ボラティリティを使ったトレンドフォロー手法についてご紹介したいと思います。

時間:1分足or5分足

通貨ペア:何でも良い

取引手法:順張り

ポイント1:ADX(14)とStddev(26)が右肩上りになっている

ポイント2:ボリンジャーバンドの±1シグマラインをローソク足が抜けている

ポイント3:ローソク足がボリンジャーバンド±1シグマに戻ったら決済

Binary Option(バイナリーオプション) 標準偏差ボラティリティ

まずサブウィンドウの標準偏差とADXの2つのラインを注目しましょう。

2つの線がしっかりと右肩上がりに傾いていることを確認します。

次にボラティリティの±1σラインをローソク足が抜けていればトレンド発生のサインになります。

なるべく初動でエントリーするようにしましょう。

遅ければ遅いほどトレンドの強さは落ちてしまいますので勝率が下がってしまいます。

またトレンドフォローなのでBinary Option(バイナリーオプション)なら

1分足で5分で決済するような方法でも良いです。

FXであればローソク足が±1σラインに入った時点で手仕舞いにするのが良いです。

まとめ

標準偏差ボラティリティはBinary Option(バイナリーオプション)と相性が良いです。

うまく活用してBinary Option(バイナリーオプション)で稼いでいきましょう!!

Binary Option(バイナリーオプション)初心者が最速で月5万円を達成する5Step

タイトルとURLをコピーしました