Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
1ヶ月無料お試し!!バイナリーオプションの自動売買システム利用キャンペーン実施中
スポンサーリンク

【資金管理】Binary Option(バイナリーオプション)で負けるトレーダーが陥る『プロスペクト理論』について徹底解説してみた

Binary Option(バイナリーオプション) プロスペクト理論バイナリーオプション資金管理

今回は、Binary Option(バイナリーオプション)で負けるトレーダーが陥る

『プロスペクト理論』について徹底解説してみました。

Binary Option(バイナリーオプション)で負けるトレーダーに共通する『プロスペクト理論』

Binary Option(バイナリーオプション) プロスペクト理論

Binary Option(バイナリーオプション)で負けるトレーダーに共通する

『プロスペクト理論』という心理があります。

私も最初はこのプロスペクト理論で非常に悩んだことがあります。

しかしこれを抜け出せられないと長期的に稼げるトレーダーにならないので

今回は、Binary Option(バイナリーオプション)のプロスペクト理論について徹底解説して見たいと思います。

プロスペクト理論

Binary Option(バイナリーオプション) プロスペクト理論

プロスペクト理論とは、

行動心理学のひとつであり、ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって発見されました。

まずはコイン問題でプロスペクト理論について学んでいきましょう。

コイン問題

プロスペクト理論を話す上でコイン問題はよく使われます。

表が出る:100万円もらえる

裏が出る:50万円を失う

コインの表と裏が出る確率は50%です。確率が50%なので有利な条件となっています。

もちろんこの条件に参加しないという方法もあります。

もし参加しなかった場合は『ノーリスクで20万円』手に入れられます。

あなたは

・100万円GET or 50万円を失う

・20万円を確実に手に入れる

どちらを選びますか?

多くの人は『20万円を確実に手に入れる』を選択します。

人間は行動心理学上ローリスク・ローリターンを選ぶリスク回避する生き物だと言われています。

しかし、合理的に考えてみると20万円を確実に手に入れるよりも

100万円GET or 50万円を失う選んだほうが良いんです。

コイン問題の期待値

コイン問題の期待値を計算してみましょう。

100万円GET or 50万円を失うは50%の確率です。

つまり

(100 × 0.5)+(-50 × 0.5) = 25

期待値は『25』になります。

20万円を確実に手に入れるはどうかというと

(20 × 1.0)+(0 × 0) = 20

期待値は『20』になります。

つまり100万円GET or 50万円を失うを参加していた方が期待値が高く結果的に良かったということです。

しかし、人間は『直感的にリスクが小さく確実な方』を選んでしまう。

これがプロスペクト理論なのです。

ルーレット問題

次にルーレット問題もご紹介したいと思います。

先程のコインで50万円の損失が出ました。現在はマイナス50万円です。

ここでルーレットのゲームで赤が出れば『100万円』貰えます。しかし黒が出た場合は『30万円』失います。

出現率は赤は『30%』の確率で、黒は『70%』の確率です。

赤が出る:100万円を得られる(出現率30%)

黒が出る:30万円を失う(出現率70%)

もしこのルーレットに参加しない場合は、『10万円』は確実に手に入ります。

・100万円を得られる(出現率30%)or30万円を失う(出現率70%)

・確実に10万円手に入れる

あなたはどうしますか?

先ほどならリスク回避して10万円を手に入れると思いますが、条件が違います。

すでにマイナス50万円を負っている状況だと期待値の低いギャンブルに参加して

『100万円を得られる(出現率30%)or30万円を失う(出現率70%)』を選ぶ人が多くなります。

ルーレット問題の期待値

ルーレット問題の期待値を計算してみましょう。

100万円GET or 30万円を失う場合は

(100 × 0.3)+(-30 × 0.7) = 9

となり期待値は『9』です。

確実に10万円手に入れる場合は

(10 × 1.0)+(0 × 0) = 10

となり期待値は『10』です。

つまり『確実に10万円手に入れる』方が期待値が高いです。

損を取り返したい欲求から)人間は期待値の低いギャンブルに参加してしまう。

プロスペクト理論は状況が良いと危険回避的になり状況が悪いと危険追求的となる

プロスペクト理論は状況が良いと危険回避的になり状況が悪いと危険追求的となります。

人間は、損得が絡むと非合理的な行動を取ってしまいます。

これがプロスペクト理論と呼ばれるものです。

Binary Option(バイナリーオプション)でもプロスペクト理論がある

Binary Option(バイナリーオプション) プロスペクト理論

Binary Option(バイナリーオプション)でもプロスペクト理論があります。

Binary Option(バイナリーオプション)や他の投資の基本は、

『利益を伸ばして損切りを素早く行う』という『損小利大』が大切です。

しかし多くのトレーダーは利益が確定すると損切りができずに『利小損大』の行動を取ってしまいます。

これが多くのトレーダーが投資で負ける理由です。

勝ちを急いで転売したり、負けた金額を回収するために無理なトレードでさらに傷口を広げたりします。

Binary Option(バイナリーオプション)のプロスペクト理論の改善方法

Binary Option(バイナリーオプション) プロスペクト理論

Binary Option(バイナリーオプション)のプロスペクト理論の改善方法についてご紹介したいと思います。

プロスペクト理論の改善としてはしっかりと『トレードルール』を決めることが大切です。

感情でトレードするからこそ利小損大になるわけです。つまりしっかりと自分の中でルールを決めて

ルール通りにトレードすることができれば損小利大でトレードすることが可能です。

私もトレードルールを作ることでプロスペクト理論を脱出することができましたのでおすすめです。

【資金管理】BinaryOption(バイナリーオプション)で大切な『トレードルール』の決め方について解説してみた
今回は、BinaryOption(バイナリーオプション)で大切な 『トレードルール』の決め方について解説してみました。

まとめ

プロスペクト理論が原因でBinary Option(バイナリーオプション)で稼げないという人が大勢います。

もしあなたがプロスペクト理論で悩んでいるならしっかりと今回の記事を読み、

克服して勝てるトレーダーに変わって下さい。

Binary Option(バイナリーオプション)初心者が最速で月5万円を達成する5Step

タイトルとURLをコピーしました