Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【テクニカル分析】Binary Option(バイナリーオプション)トレーダーがこよなく愛すボリンジャーバンドについて徹底解説してみた

Binary Option(バイナリーオプション) ボリンジャーバンド バイナリーオプションテクニカル分析

今回は、Binary Option(バイナリーオプション)トレーダーがこよなく愛す

ボリンジャーバンドについて徹底解説してみました。

Binary Option(バイナリーオプション)トレーダーがこよなく愛するボリンジャーバンド

Binary Option(バイナリーオプション) ボリンジャーバンド

Binary Option(バイナリーオプション)やっている人たちはボリンジャーバンド大好きですよね。

とにかくチャートにボリンジャーバンドが表示されています。

しかし多くの方がボリンジャーバンドを間違った使い方やコンサルにもかかわらず、

間違った知識を教えたりしているんですよね。

今回はBinary Option(バイナリーオプション)で稼ぐためのボリンジャーバンドの必勝法について

ご紹介したいと思います。

FXのテクニカル分析一覧です。
1:ローソク足
2:移動平均線
3:一目均衡表
4:MACD
5:ボリンジャーバンド
6:RSI
7:ストキャスティクス

ボリンジャーバンドとは

Binary Option(バイナリーオプション) ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、相場のボラティリティを一定期間の価格から測定して

価格の変動簡易を予測してチャート上に表示するテクニカル指標になります。

ボリンジャーバンドというのは米国人の投資家であるジョンボリンジャーの名前から来ています。

ボリンジャーバンドは高校の数学で習った『標準偏差』と『正規分布』の概念が用いられています。

偏差値なども同じですね。平均からどれくらいの値動きにばらつきがあるかを標準偏差で算出して

値動きの収まりやすいレンジがひと目でわかるように表示されています。

ボリンジャーバンドには中心に移動平均線が表示されており、

移動平均線上下には±σ(シグマ)と呼ばれるラインが表示されています。

ボリンジャーバンドを理解するにはまず移動平均線について理解しておく必要があります。

移動平均線については下記の記事を参考にしてください

【テクニカル分析】Binary Option(バイナリーオプション)で活用する『一目均衡表』の分析方法について徹底解説してみた
今回は、Binary Option(バイナリーオプション)で活用する『一目均衡表』の分析方法について 徹底解説してみました。

ボリンジャーバンドのボラティリティについて

ボリンジャーバンドのボラティリティについてご紹介したいと思います。

ボリンジャーバンドにはσ(シグマ)と呼ばれるラインが表示されています。

ちなみに各ラインと移動平均線の間に価格が納まる確率は決まっています。

±1σ:68.3%

±2σ:95.5%

±3σ:99.7%

となっています。

ボリンジャーバンドのスクイーズ・エクスパンション・バンドウォーク

ボリンジャーバンドのスクイーズ、エクスパンション、バンドウォークについてご紹介したいと思います。

ボリンジャーバンドの動きは3つ存在します。

スクイーズ:幅が狭くなる

エクスパンション:幅が上下に広くなる

バンドウォーク:±2σラインに沿って株価が上昇または下落する

基本的にこの3つの動きしかないので頭に入れておきましょう。

この3つについて簡潔に表形式にまとめておきました。

σバンド移動平均線ローソク足相場
スクイーズ収束している水平に近いσを往復する動き値動きが狭い
エクスパンション拡大しているトレンド方向に傾くトレンド方向に動くトレンドを表す
バンドウォーク拡大しているトレンド方向に傾くσに沿った位置強いトレンド

スクイーズ

Binary Option(バイナリーオプション) ボリンジャーバンド

スクイーズとは搾るという意味がありボリンジャーバンドの幅が狭い部分を指しています。

スクイーズは値動きが小さいという特徴があり、レンジ相場であるということがわかります。

スクイーズは相場が上昇や下落のパワーを貯めている状態なので今後大きく相場が変動する可能性があります。

エクスパンション

Binary Option(バイナリーオプション) ボリンジャーバンド

エクスパンションとは、ボリンジャーバンドが両側に大きく広がった部分を指しています。

英語では拡張という意味があります。

ボリンジャーバンドは基本的にスクイーズとエクスパンションを交互に繰り返します、

ボリンジャーバンドのエクスパンションは値動きと逆側も広がっているかどうかを確認してください。

バンドウォーク

Binary Option(バイナリーオプション) ボリンジャーバンド

バンドウォークとは、エクスパンション時にボリンジャーバンドの±2σラインの縁に沿って

価格が上昇もしくは下落していく状態です。

バンドウォークは強いトレンドを持っています。

ボリンジャーバンドは逆張りではなく順張りでトレードする

ボリンジャーバンドは逆張りではなく順張りでトレードすることが大切だと思います。

基本的にボリンジャーバンドはトレンドを図るためのテクニカル指標なので、

逆張りではなく強いトレンドに対して順張りでトレードすることが大切です。

ボリンジャーバンドは

・相場のボラティリティを見る

・相場のトレンドを見る

という2つのポイントを見るからです。

ボラティリティとは多くの投資家が活発に取引をしてる時で、値幅が大きく動く状態です。

つまり大きく相場が動くタイミングで逆張りでトレードするから負けるのです。

トレンドは逆らうのではなく流れに乗ることが勝率を上げるポイントになります。

まとめ

今回はボリンジャーバンドについて詳しく説明をしました。

ボリンジャーバンドは良く逆張りで使われますが個人的にオススメなのが順張りです。

トレンドを判断するテクニカル指標なのでもし逆張りでトレードしている方は

順張りでトレードしてみてください!!

Binary Option(バイナリーオプション)初心者が最速で月5万円を達成する5Step

タイトルとURLをコピーしました