Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【テクニカル分析】トレンドの波に乗れ!!Binary Option(バイナリーオプション)で使えるMACDについて徹底解説してみた

Binary Option(バイナリーオプション) MACD バイナリーオプションテクニカル分析

今回は、トレンドの波に乗れ!!Binary Option(バイナリーオプション)で使える

MACDについて徹底解説してみました。

Binary Option(バイナリーオプション)で使えるMACDについて

Binary Option(バイナリーオプション) MACD

Binary Option(バイナリーオプション)でMACDを使っている人は多いと思います。

私自身もBinary Option(バイナリーオプション)やFXでMACDを活用することがあります。

今回はBinary Option(バイナリーオプション)で使えるMACDについて徹底解説してみたいと思います。

FXのテクニカル分析一覧です。
1:ローソク足
2:移動平均線
3:一目均衡表
4:MACD
5:ボリンジャーバンド
6:RSI
7:ストキャスティクス

MACDとは

Binary Option(バイナリーオプション) MACD

MACDとは、Moving Average Convergence/Divergence Trading Methodの略語で

意味は移動平均収束拡散手法です。

MACDは移動平均を発展させより精度の高い分析をするために、

1979年にジェラルド・アペルによって開発されたテクニカル指標です。

2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いり

トレンドの方向性や強さを判断するテクニカル指標になります。

MACDはダマシが少なく使いやすいので人気です。

MACDに用いられる移動平均はSMA(単純移動平均)ではなくEMA(指数平滑移動平均)です。

MACDを知る前に移動平均線をしっかりとマスターしてから読みましょう。

移動平均線については以下の記事をご覧ください。

【テクニカル分析】BinaryOption(バイナリーオプション)で活用する『移動平均線』について徹底解説してみた
今回は、BinaryOption(バイナリーオプション)で活用する『移動平均線』について徹底解説してみました。

MACDの計算式

MACDは以下の計算式で算出されます。

MACD=短期EMA-長期EMA

また、MACDとシグナルの位置関係を視覚的にわかりやすくしたものが

MACD2と呼ばれています。

以下の計算式で算出されます。

MACD2=MACD-シグナル

MACDのパラメータ

MACDのパラメータについてです。

多くの方がMACDのパラメータ論を出しているので自分にあったパラメータを使ってみてください。

ジェラルド・アペル氏論

MACDを開発したジェラルド・アペル氏が勧めるパラメータは、

トレードスタイルごとに「短期・中期・長期」の3種類に分かれております。

ジェラルド・アペル氏が推奨しているパラメータは以下の通りです。

期間1 (日)期間2 (日)シグナル (日)
短期パラメータ6199
中期パラメータ12269
長期パラメータ19399

クリス・マニング氏論

クリス・マニング氏はジェラルド・アペル氏の設定値を参考にして

更にMACDの反応を上げるために考案したのが『(9 17 7)』というパラメータです。

ジョー・ディナポリ氏論

ジョー・ディナポリ氏とはフィボナッチ級数を利用したトレードの第一人者です。

彼の開発した数値はデフォルトよりも短く相場の変化に反応しやすいメリットを持っています。

また短期機関はダマシが多くなりますが、移動平均線を活用することでカバーします。

ディナポリ氏の提唱しているパラメータは『(8 17 9)』です。

(8 17 9)は基本的には短期売買に使われることが多いです。

MACDの活用方法

MACDの活用方法についてご紹介したいと思います。

ゴールデンクロス・デッドクロス

Binary Option(バイナリーオプション) MACD

またMACDは、ゴールデンクロス・デッドクロスのタイミングは単純移動平均線と比べて早いです。

つまり、MACDは相場の転換をより早く判断するのに有効です。

0ライン

Binary Option(バイナリーオプション) MACD

MACDのグラフの数値に「0(ゼロ)」があります。

これは、買いのタイミングとなった後に「MACD」と「シグナル」がともにゼロ水準を上回れば、

より信頼度が増します。

逆に、売りのタイミングとなった後に、ともにゼロ水準を下回ればこれもより信頼度が増します。

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、相違がみられることという意味です。

テクニカル分析では、『相場のトレンドとテクニカル指標のトレンドが逆行すること』を言います。

MACDのダイバージェンスは相場が上昇トレンドでMACDのトレンドラインが

下降トレンドを示しているような場合があります。

ダイバージェンスは相場の転換のサインなのでその後大きく反発する可能性が高いとされます。

まとめ

MACDはBinary Option(バイナリーオプション)で非常に協力なテクニカル指標になるので、

トレンドフォローの順張りでトレードされている方はぜひMACDを使ってみてくださいね!!

Binary Option(バイナリーオプション)初心者が最速で月5万円を達成する5Step