Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサーリンク
FX-EA System Project

【テクニカル分析】Binary Option(バイナリーオプション)で活用する『一目均衡表』の分析方法について徹底解説してみた

Binary Option(バイナリーオプション) 一目均衡表 バイナリーオプションテクニカル分析

今回は、Binary Option(バイナリーオプション)で活用する『一目均衡表』の分析方法について

徹底解説してみました。

Binary Option(バイナリーオプション)で活用する一目均衡表

Binary Option(バイナリーオプション) 一目均衡表

今回は、Binary Option(バイナリーオプション)で活用する一目均衡表についてご紹介したいと思います。

一目均衡表は多くの方が使っているテクニカル指標になりますが、

意外と理論や根拠などを説明できる人って少ないんですよね。

それではなんとなく一目均衡表使っているってことなので今回は、

Binary Option(バイナリーオプション)で活用する一目均衡表について徹底解説してみたいと思います。

FXのテクニカル分析一覧です。
1:ローソク足
2:移動平均線
3:一目均衡表
4:MACD
5:ボリンジャーバンド
6:RSI
7:ストキャスティクス

一目均衡表とは

Binary Option(バイナリーオプション) 一目均衡表

一目均衡表とは一目山人氏が作成した日本のテクニカル分析になります。

一目均衡表は『波動・時間・水準』を総合的に取り入れたチャートです。

一目均衡表は『基準線、転換線、遅行スパン、先行スパン1、先行スパン2』

という5本の線によって構成されています。

一目均衡表の5本の線について

一目均衡表の5本の線についてご紹介したいと思います。

基準線

基準線とは、過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値になります。

基準線が上向きのときは上昇相場であり下向きだと下落相場です。

転換線

転換線とは、過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値になります。

転換線が基準線の上にあれば買いどきですし、下にあれば売りどきになります。

先行スパン1

先行スパン1とは、当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたものになります。

先行スパン2

先行スパン2とは過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたものになります。

遅延スパン

遅行スパンとは、終値を26日過去にずらした線になります。

26日前の価格が今より高いか安いかを判断することができます。

一目均衡表の計算式

一目均衡表の計算式は以下の通りになります。

基準線=(26日間の最高値+26日間の最安値)÷2

転換線=(9日間の最高値+9日間の最安値)÷2

先行スパン1=(基準線+転換線)÷2を26日間先行させたもの

先行スパン2=(52日間の最高値+52日間の最安値)÷2を26日間先行させたもの

遅行スパン=当日の終値を26日遅行させたもの

一目均衡表のパラメーター

一目均衡表のパラメーターは基本的にデフォルトの状態がベストです。

ですので、

基準線:26日

転換線:9日

先行スパン:52日

というデフォルトのパラメータがオススメです!!

また海外ではデフォルトではないパラメータが人気のようです。

基準線:22日

転換線:7日

先行スパン:44日

です。

海外で人気あるパラメータは雲の反応が良いです。

またトレーダーが注目している価格を発見しやすいです。

一目均衡表の三大理論について

一目均衡表は他のテクニカル指標に比べて唯一無二の存在です。

一目均衡表には三大理論がベースとなり作られています。

・時間論:トレンドが転換しやすいタイミングを推測できる

・波動論:チャートの波形を推測することで、今後の動きを推測できる

・値幅観測論:上値と下値の目標値を推測できる

チャートの横軸は時間の経過であり時間理論が適応されます。

チャート縦軸は価格に関しているので波動論と値幅観測論が適応されます。

では、一目均衡表を構成するこの3つの理論について説明していきたいと思います。

時間論

時間論というのは、一言で言うと『時間によって相場の転換点を予想するための考え方』です。

一目均衡表を作成した一目山人は相場を構成するトレンドがどういったタイミングで変わるのかを見つけています。

そして以下の数字が非常に大切になります。

・9

・17 (9×2ー1)

・26 (9×3ー1)

これは一目均衡表のデフォルトのパラメータとしても使われている数字です。

この数字に基づいて時間論では一定のサイクルで相場が上下に動いていると考えています。

この基本数値のサイクルで上値や下値をつけやすいということです。

波動論

波動論とは『波形のパターンによって相場を分析する考え方』です。

ダウ理論やエリオット波動と似た理論ですね。

一目均衡表ではチャートの波動の基本は3つあります。

・I波動:上げ

・V波動:下げ→上げ

・N波動:上げ→下げ→上げ

という形です。これは上昇トレンドも下降トレンドもパターンもあります。

一目均衡表はN波動が続くことでトレンドが作られると考えます。

ダウ理論と似た考えですよね。

基本的に一目均衡表では、相場の基本である『N波動』の形が重要になります。

それ以外にもP波動とY波動と呼ばれるものが存在します。

P波動:徐々に値幅を狭めながら上下にジグザグと動く波動

Y波動:値幅を広げながら上下にジグザグと動く波動

値幅観測論

値幅観測論とは『価格について推測をしていく考え方』になります。

一目均衡表を活用しながら、上値、下値を分析して次の天底がどこらへんにくるのかを予想します。

時間論は横軸で同じサイクルがぐるぐる回っていましたが、

値幅観測論は縦軸で同じサイクルがぐるぐる回ります。

V計算値

計算式:V計算値 = B + ( A - B )

V計算値は、トレンドの中の戻りのあと、戻り分の2倍さらにトレンド方向に動くというイメージです。

N計算値

計算式:N計算値 = C + ( B - A )

N計算値は、トレンドの中で、同じ幅ずつトレンド方向に動いていくというイメージです。

E計算値

計算式:E計算値 = B + ( B - A )

E計算値は、トレンドの中で、最終的に最初の波の2倍の高さまで到達するというイメージです。

NT計算式

計算式:NT計算式 = B + ( B - A )

NT計算値は、トレンドの中で、最終的に最初の波の戻りの2倍の高さまで到達するというイメージです。

一目均衡表の活用方法

一目均衡表の活用方法についてです。

一目均衡表の5つの線の見方は以下の表にまとめておきました。

一目均衡表の5つの線の見方
基準線
  • ローソク足が基準線より上なら上昇トレンド
  • ローソク足が基準線より下なら下降トレンド
  • 基準線が水平でローソク足と似た位置ならもち合いトレンド
転換線
  • 基準線より上なら上昇トレンド
  • 基準線より下なら下降トレンド
遅行スパン
  • ローソク足が遅行スパンよりも上なら下降トレンド
  • ローソク足が遅行スパンよりも下なら上昇トレンド
  • ローソク足が雲の上なら上昇トレンド
  • ローソク足が雲の下なら下降トレンド
  • ローソク足が雲の中ならもち合いトレンド
  • 雲が厚いほど抵抗線・支持線として強い

基準線と転換線のクロス

基準線と転換線のクロスした時は一つの見方になります。

一目均衡表の転換線と基準線は移動平均線の短期と長期のような役割があります。

つまり移動平均線と同じように

転換線が機銃線を上から下に抜ければ売りサインで、下から上に抜けると買いサインになります。

先行スパンの雲

先行スパン1と先行スパン2で囲まれた範囲を『雲』と呼びます。

雲は抵抗としても活用することができ厚みがある雲は強い抵抗があります。逆に薄い雲は抵抗がないです。

ですので、

ローソク足よりも下に雲がある場合を下値指示のある上昇トレンド

ローソク足よりも上に雲があれば上値に抵抗がある下落トレンド

という見方ができます。

また、雲がねじれてクロスした場所を『先行スパンの変化日』と呼び、

これは相場の転換のサインとなると言われています。

遅行スパン

遅行スパンは当日の終値を26日逆行させたものですが、

一目均衡表を作成した一目山人は最も重要な線だと言っています。

遅行スパンが26日前の相場を上抜いた時を上昇転換、下抜いた時を下降転換と考えます。

まとめ

一目均衡表は思っている以上に多くの情報からチャートを分析することができます。

一目均衡表は非常に奥が深いテクニカル指標なのでマスターできるように何度も見返しましょう!!

Binary Option(バイナリーオプション)初心者が最速で月5万円を達成する5Step